『占い 鑑定』

占いとは、様々な方法で未来や他人の心の内など直接観察することのできない出来事について知ることをいいます。

鑑定とは、専門的な知識を持つ人が、科学的、統計学的、感覚的な分析に基づいて行う、評価・判断のことをいいます。
その鑑定の一つが占いであるといえます。

現在、科学的根拠の有無・妥当性に関わらず、「占いを鑑定する」という表現をするのが一般的になっています。

占い鑑定する人を、占い師又は占い鑑定師と呼んでいます。
占い鑑定方法には大きく分けて三種類あります。


一つは、命(めい)というもの
で、人の運命や宿命を占い、鑑定するものです。

誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の条件も加えることによって、その人の生来の性質・傾向・人生の流れを占い、鑑定するものです。
代表的なものとして、四柱推命占星術などがあります。
二つ目は、卜(ぼく)というもので、人が関わりあう事柄又は事件を占い、鑑定するものです。
時間・現象・方位など基本にして、占う時の偶然性も加味して鑑定します。

代表的なものには、易・タロット占い・水晶占いなどがあります。

三つ目は、(そう)といい、目に見える対象の姿や形を鑑定して、人への影響・吉凶を占います。

人の相は過去の現れであることから、未来も鑑定できるというものです。代表的なものには、手相・姓名判断・風水などがあります。

これらを、目的に応じて使い分けたり、組み合わせて占い鑑定することが肝要とされています。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。